アソコのニオイ デリケートゾーンのニオイ

デリケートゾーンの臭いを抑える方法

投稿日:

デリケートゾーンの臭いで一人で悩んでいませんか。
デリケートゾーンのことは人には相談しにくいですよね。

この臭いを何とかしたい。そう思っている方も
いるのではないでしょうか。では、
どうすればデリケートゾーンの臭いを
解消することができるのでしょうか。

デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンの臭いの原因は
雑菌が栄養をもとに作り出す物質です。

雑菌の栄養となるものには、
尿、汗、経血、垢などがあります。

生理のときに特に臭いが気になる
ことがあると思いますが、
これは経血が関係をしています。

汗にはアポクリン汗腺から排泄されるものと、
エクリン汗腺から排泄されるものがあります。

汗にはもともと臭いはないのですが、
アポクリン汗腺から排泄される汗には
タンパク質や脂質などが含まれていて、

こういったものを雑菌がエサにして
繁殖をして臭い物質を作りだします。

ちなみに、エクリン汗腺から
排泄される汗はほとんどが水分です。

また、雑菌が繁殖しやすい理由として
高温多湿があげられます。
デリケートゾーンの高温多湿は避けることが難しいので、

いかに雑菌の栄養となるものを減らすかが
臭いを抑えるポイントです。

石けんで洗って清潔に保つ

石けんで洗うことはデリケートゾーンを
清潔に保つための基本です。

臭い対策用の石けんが販売されていて、
こういったものは菌の繁殖を抑える
成分が配合されていたり、
刺激を抑えて作られていたりします。

しかし、刺激が少ないものなら
普段使用している石けんで洗っても構いません。

デリケートゾーンは皮膚や粘膜が
薄く傷つきやすい部位なので、

石けんをよく泡立てて手で洗いましょう。
細かな部分があり泡をのせただけでは
垢など落ちないので、指の腹を使って傷
つけないようにしながら洗います。

溝の部分は汚れがたまりやすいので
特に丁寧に洗います。最後に毛を
しごくと抜けやすい毛は抜けて、

ショーツに毛が付着することを防げます。
膣の中は洗う必要はありません。

膣の中はやや酸性気味に保たれていて、
酸性になることで菌の繁殖が抑えられています。

膣の中まで洗ってしまうと膣が持っている
菌の繁殖を抑える力が低下してしまい、
膣のトラブルを起こす可能性があります。

通気性の良いものを身につける

高温多湿は菌が繁殖しやすい環境なので、
ショーツを通気性がよいものに
変えるとよいでしょう。
天然素材で締め付け感がないものがおすすめです。
おりものはタンパク質が豊富で菌のエサになりやすいので、
ナプキンが汚れたらこまめに変えてください。

-アソコのニオイ, デリケートゾーンのニオイ
-,

Copyright© インクリア評判アソコのニオイは彼って実は・・・ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.